keyboard_arrow_right
ブログ
ブログ

他者からの紹介を介した求人方法

求人というよりも、ほとんど採用方法と言ってしまって良いかもしれませんが、知り合いから、こういう人材がいまフリーなのだけれどどうか、といった形で人材が紹介される場合があります。知り合いからの紹介ということになると、人材の信頼度は一般の就職希望者よりも高いということが多いです。しかし、実際にその企業でやっている採用の過程を経ない採用のことが多いですし、内部の社員からコネを使ったと思われたり、自分たちの企業とは合わない能力の持ち主だったりすることもあるので、注意が必要になります。こういった知り合いからの紹介以外にも第三者を介した求人方法は存在します。

ブログ

求人広告と曜日の関係

インターネットによる求人広告と天気との関係はどうでしょうか。確かに求人情報誌に比べれば天気に左右されにくいと言えます。

しかし1週間のスパンでタイミングを計るべきなのは同様です。何故なら1週間の人の行動パターンを分析すると、求人広告へのアクセス数の増減に関係する行動が析出されるからです。例えば女性をターゲットとした求人サイトが、月曜日と木曜日に更新されているとします。

この場合、「土日月」という連休が控えていると、木曜日の掲載は避けた方が無難です。

何故なら女性は、連休を利用して遠方に出掛けることが多く、木曜日の更新分を見ずに月曜日を迎える可能性が高いからです。

月曜日の更新によって先週の木曜日の更新分は目立たなくなってしまい、効果が薄れます。

ブログ

雇用形態に関する求人詐欺

求人詐欺によく見られるパターンとしては、試用期間を設け、試用期間の経過後に晴れて社員になると思わせる手口です。しかし実際はその試用期間を終えると契約を更新してくれないのです。その他、社員として雇用することなく、個人事業主として契約するような酷いケースも稀に見かけます。

個人事業主として契約してしまえば、雇用保険、社会保険に加入することが出来ません。また、中高年を採用するにあたって「定年退職なし」としていたにもかかわらず、65歳で辞めさせる企業も存在します。

求職者が求人詐欺から身を守るためには、その多種多様な手口を分類して、出来る限り全容を把握することが大切です。

入社後に詐欺だったと気付いても、生活が懸かっている以上、多くの応募者は泣き寝入りしなければなりません。ですから求人広告を閲覧する時点でよく吟味する必要があるのです。

ブログ

採用サイトの質

採用サイト上で必ず抑えなければならないのは、宣伝を行う、ということと採用サイトの質を高める、ということである。このふたつを守らなければ、思った成果は得られなくなるので注意が肝心だ。  採用サイトは求職者に見てもらえなければ、応募は得られないから、どの採用サイトを選ぶべきかを考慮する必要がある。求職者はネット上の広告をクリックしたり、スマホでネット検索したりして、採用サイトに訪れてくる。採用サイトは様々な媒体経由で最終的に訪れる受け皿的な存在である。最終的には採用サイトにアクセスして、入念に検討してもらう流れになっている。  注意しなければならないのが、採用サイトの質の高さである。質の高い採用サイトでないと応募は得られない。応募が得られるかどうかは、採用サイトに訪れた求職者が「ココで働きたい」と思えるかどうかで決まる。働きたいと思ってもらえるような内容になっていなければ、いくら採用サイトにたくさんの求職者が訪れたとしても、一向に応募に繋がらないということになりかねない。

ブログ

ITエンジニアたちの副業

ITエンジニアたちの副業として、システム運営・開発、アプリ運営・開発、サイト開設、SNS運営、バナー作成などがあげられているようです。働き方改革の推進により、副業を承認するような企業も増え続けているようですが、それでもなお条件付きとして一部を承認するにとどまる企業や副業自体を禁止する企業側の姿勢もみられているようです。ITエンジニアたちが副業を行うなかで得られるスキルアップ、収入アップは魅力的でもあることから、会社からの許可得ずとも副業に取り組むケースもあるとされているようですが、一般的にはIT業界に身を置くメリットとして、副業のしやすい企業への転身は、正式な副業申請の許可を得られるなかでの精神衛生上の大きなメリットとしても考えられているようです。

ブログ

様々な場で活躍できるエンジニア

弁護士や医師やファイナンシャルプランナーや社労士や行政書士や会計士や司法書士など稼げる職業には様々なものがありますが、ITエンジニアもその一つです。ITエンジニアの強みは、IT業界だけではなく色々な業界の情報システム部門で活躍できるという点です。IT化が進みITエンジニアの需要はどんどん高まってきており、企業採用においても引く手あまたです。プログラミングやデータ管理やデータ分析やセキュリティ対策やコンサルティングや組込み・制御やネットワーク構築や研究開発など、ITエンジニアが活躍することが出来る場は幅広く、職種や役割は多岐にわたります。ITエンジニアとして生きていくためには、求められるスキルを身につけなければなりません。スクールに通って学べば、必要な技術や知識を効率良く習得できます。